水溶性のケイ素サプリメントでペットも健康に!

ネコ

現代社会とペットの関係

高齢化が進む現代の世の中では、高齢化に合わせて、同時にペットブームという言葉も耳にするようになりました。

高齢者となり、子供が一人立ちするようになると、第二の人生に寂しさの穴埋めや人生の楽しみとしてペットと一緒に生活するような家庭が増えてきている現状があります。

同時に未婚者が家族としてペットを飼う人も増えてきているようです。

 

お家でペットとの生活を過ごす時間は、人の癒しになったり、生きがいになったりします。

現に今までより健康になったり生き生きしたりする方も多く、そういう意味ではとてもプラスに働いています。

人と人とのつながりとは違った形で、人を支えてくれるのです。

 

ペットも高齢化している現代

dog

しかし、ペットを購入するということは、決していいことばかりではありません。

たいへんな部分もあるということを認識しておく必要がありそうです。

別の問題が発生するということを覚えておきましょう。

 

それでは、いったいどんな問題が起こるのでしょうか?

実は、ここ30年でペットの平均寿命がなんと2倍にまで伸びています。

かわいいペットと長く一緒にいられることはいいことなのですが、寿命が延びたと同時に病気まで増えてきているのです。

老化対策や介護など今まで以上のケアをする労力が必要になってきています。

・ペットの高齢化に伴う生活習慣病の増加
・ペットの老化によるアンチエイジングの問題

 

たとえば犬の高齢化によって、起こる病気として
・認知症
・心臓病
・白内障
・ガン
・糖尿病
・心臓病

等があります。

こうした症状を患うペットが増えきており、深刻な問題になってきています。

 

飼い主は、ペットの老化や現代病についてもっと理解し、健康を保つ知識が必要となる時代になりましたね。

 

ケイ素でペットケア

cat

そんな中で人のみならずペットにおいても、様々な方面で口コミが広がっている「水溶性ケイ素水」。

いったいどんな効果があるのか解説していきましょう。

 

ケイ素とは

ケイ素(Si)は、主に細胞の新陳代謝を活性化させる栄養素として知られており、ドイツでは、このケイ素を用いた自然療法が最も進んでいます。

ケイ素には多くの期待が寄せられています。

ペットにおけるケイ素の効果も、人間への効果と大差ありません。

ケイ素の効果には様々な作用が認められていますが、血糖値を下げたり、脂肪燃焼の効果等、直接的に作用するような効果があるわけではありません。

体内に吸収されることで、すべての臓器をはじめ器官や筋肉、骨、皮膚などの細胞の新陳代謝を促してくれるので、新たな細胞分裂促すことで老化現象を防止する効果が期待されているのです。

 

ケイ素を添加したペットの飲み水

ケイ素を含んだ飲み水は、ペットの健康維持のために効果的な飲料水です。

 

特に水溶性ケイ素は、錠剤とは違って飲み水にいれるだけなので、ペットも摂取しやすいですので、容易に与えることができるのも魅力の一つです。

一日に何度も分けて与えることが大切です。

 

ケイ素を用いたブラッシングとは

犬 ブラッシング

毛艶

ケイ素水を利用してブラッシングにも利用できます。

スプレーボトルにケイ素1に対してお水を10以上入れて使用します。

 

若いペットもケイ素水でブラッシングすると、毛艶が一段違ってきます。

その他にペットは、虫がつきやすく皮膚炎等の症状もおきやすいため、その予防にもケイ素水でブラッシングは重要なケアです。

 

匂いケア

ペットを飼っているとやはり気になるのが、ペットの臭いです。

犬や猫の口臭や体臭は、やはり気になってしまいますよね。

そんな悩みを改善してくれるのも、やはり「ケイ素」。

ケイ素でブラッシングすることにより、ニオイ対策もできます。

 

ケイ素は、口にいれても平気ですし、体にかけても静菌作用があるので、安心して使用することが可能です。

 

ペットは人と比べて、寿命が短い生き物です。

人もペットもいつかはなくなりますが、できるだけ長く、最後まで元気に過ごせるように、小さな命をサポートしてあげることがペットの飼い主の大切な責任だと思います。

 

2016年11月28日 ウモプラスアルファ